診療案内

サービス名をここに入れます

整形外科

腰痛や坐骨神経痛をはじめ、膝や股関節の痛み、手足のしびれ、歩行障害など、整形外科疾患全般に広く対応します。

サービス名をここに入れます

リウマチ科

薬物療法と物理療法を用いて、関節の腫脹・疼痛の軽減を図り、骨・軟骨の破壊進行防止をめざします。

サービス名をここに入れます

リハビリテーション科

身体が不自由になった患者様の機能回復・維持を図る理学療法(運動療法と物理療法)を行います。

整形外科

腰痛や坐骨神経痛をはじめ、膝や股関節の痛み、手足のしびれ、歩行障害など、整形外科疾患全般に広く対応します。
診断に必要なレントゲンや骨密度検査は院内ですぐに撮影できます。さらなる検査としてCTやMRIが必要な場合は、提携病院にて比較的早期の撮影が可能なので、診断に時間がかかることはありません。当院では主に保存的に治療しますが、手術が必要な場合には岸和田徳洲会病院へ紹介し手術を行います。骨密度測定や骨粗しょう症についてもご相談ください。
下記のような症状の方は当院へご来院・ご相談ください
  • 骨折した、脱臼した、捻挫した
  • くびや肩、腰、膝が痛む
  • 手足がしびれる
  • 巻き爪を治したい
  • 交通事故や労災に遭った
使用機器

●電気刺激装置IVES
●低周波治療器 ポラリスカイネ

骨粗しょう症について

骨粗しょう症は、骨がもろくなり骨折等を引き起こしやすくなる病気で、50歳以上の女性に多くみられるという特徴があります。当院で骨粗しょう症の診断や治療をされた方はすでに1,000名を超えています。そのような患者様に対して薬や点滴等で治療を行うことにより、椎体骨折・大腿骨頚部骨折予防のお役に立っています。また、不幸にして骨折後に当院にかかられた方にも注射治療により早期の社会復帰をめざしていただいています。

交通事故等で診察を受けられる患者様へ

一般的に相手がはっきりしている交通事故等で受診された場合、第三者行為と言い、原則健康保険証の使用は禁じられています。診療は新自賠責保険を優先して行います。

会計について
診療費は診察を受けられた患者様(被害者・加害者関係なく)に請求させていただくことになります。しかし例外として、任意に加入されている保険会社等から支払一括の連絡等が確認できた場合、患者様への請求はなくなり、保険会社に請求させていただくことになります。(診断書等、患者様負担となるものは別です) 患者様負担の会計も保険会社へ請求されることを望まれる際は、その都度保険会社の担当者様とご相談いただきます。任意の保険会社を使用せず、健康保険証の使用を希望されている場合は、患者様が入っている各保険証の保険者(国民健康保険であればお住まいの市役所・役場等。協会けんぽであれば保険証に記載されている保険者)に相談していただき、第三者行為届の手続きをしていただかなくてはなりません。使用できるかどうかは、当院では判断出来かねます。
同意書について
任意保険を使用される場合、患者様の診療明細書、診断書などを保険会社に郵送する必要がございます。診療明細書等これからの書類は個人情報にあたりますので、保険会社に請求するためには患者様の同意をいただかなくてはなりません。そのため当院では患者様に対し事前に同意書を作成していただくことになります。何卒ご協力の程宜しくお願いいたします。
労災で診察を受けられる患者様へ

労働中または勤務中に負傷された方の診察もいたします。労働(仕事)での負傷は、労災保険適用のため、患者様のご負担はありません。必要書類をお持ちになってご来院ください。
《ご注意ください》
必要書類をすべて提出していただくまでは、自費となります。

スポーツ外傷、スポーツ障害について

スポーツ外傷(打撲、骨折、肉離れ、靭帯損傷等)やスポーツ障害(過度の負担が積み重なったことによる慢性的な痛み等)も適切に処置します。また、スポーツやだんじり祭りに参加される方への医学的なアドバイスも行っています。お気軽にご相談ください。

リウマチ科

薬物療法と物理療法を用いて、関節の腫脹・疼痛の軽減を図り、骨・軟骨の破壊進行防止をめざします。
関節リウマチに対しては寛解をめざして生物学的製剤を使用しています。また、膝や腰、肩の痛みに対する治療も薬物治療、注射治療、リハビリ治療を駆使して効果を上げています。 手術が必要な場合には、岸和田徳洲会病院に紹介し手術を行います。
下記のような症状の方は当院へご来院・ご相談ください
  • 手足の関節が腫れる
  • 手足の関節を押さえると痛い
  • 手足の動かされると痛みを感じる
  • 朝起きたとき、手足の指関節がこわばって動かしにくい

リハビリテーション科

身体が不自由になった患者様の機能回復・維持を図る理学療法(運動療法と物理療法)を行います。
熱や電気などの物理的エネルギーを使う体力回復訓練や関節可動域回復をはじめとする「運動療法」と「物理療法」を患者様の症状に合わせて適切に選択します。
下記のような症状の方は当院へご来院・ご相談ください
  • 膝や腰が痛くて動きづらい
  • 歩行が安定しない
  • くびや肩が痛くて腕が上がらない
  • 手に力が入りづらい
  • 運動する機会が少ない
リハビリ専門職である私たちがお手伝いします。
小城 拓郎 泉谷 拓 深川 真嵩
訪問リハビリについて

院長の指示の下、理学療法士が患者様のご自宅に伺い、患者様の生活環境に合わせた機能訓練を行います。訪問リハビリは介護保険適用サービスです。お気軽にご相談ください。

当院概要
診療時間について 午前中は8:30~12:00、午後は16:00~19:00に診療いたします。
金曜日の午後は15:30より診療いたします。
ご予約について 当院は予約優先です。初診の方でも当日以外は予約できます。診察予約・診療に関するお問い合わせは072ー447ー8032へお電話ください。

※さらに詳しいアクセス情報はこちらへ→

受診される方へ
<ここをクリック>

地域医療の「交差点」をめざす当院は、「プラス思考で考えて行動する」「和をもってチーム一丸で取り組む」「ひととひとの交流を大切にする」という三つの理念をこのマークに託しました。